カテゴリー別アーカイブ: 沖縄県議団

承認撤回すべきだ 

DSC_0010-s

沖縄県議会代表質問で日本共産党の渡久地修県議は2月28日、同県名護市辺野古の米軍新基地建設のための埋め立て承認をした仲井真弘多知事の姿勢を厳しく追及しました。

渡久地県議は「振興予算と引き換えに沖縄を永代売り渡した」「県民への裏切り行為だ」との県内首長や与党・公明党のコメントを紹介。「知事はこの声を真摯に受け止め、承認を撤回すべきだ」とただしました。

仲井真知事は「どうやってカネで沖縄を売れるのか。売ったとか買ったとかいう話ではない」などと声を荒らげた上で、「あくまでも(公有水面埋立)法にのっとって承認した。公約に違反するものではない」と述べ、承認を撤回しない考えを改めて示しました。

渡久地県議は「知事の答弁は県民の思いや願いからかけ離れている。戦後、初めて新たな基地を受け入れた知事として、辞任して県民に信を問うべきだ」と迫りました。

しんぶん赤旗 2014年3月2日付け

仲井真知事を証人喚問

仲井真弘多沖縄県知事による米軍新基地建設に向けた同県名護市辺野古の埋め立て証人について検証する県議会調査特別委員会(百条委員会)が21日、開かれ、仲井真知事に対する証人尋問が行われました。県知事が百条委員会に出頭するのは県政史上初めてです。

仲井真知事は公有水面埋立法の「法体系にのっとって基準に適合していることから、総合的に判断して承認せざるを得なかった」と述べ、承認の正当性を強調しました。一方、19日に野党側の要求で提出された「公有水面埋立申請書審査状況中間報告(11月12日)で「環境保全は不可能」とした見解から、辺野古容認へと百八十度方針転換した詳しい経緯については「覚えていない」「記録がない」などとはぐらかす証言に終始しました。

昨年末、上京中に安倍首相、菅官房長官など政府要人と面談した中身については、「来年度予算や基地問題などが主だった」として、辺野古埋め立て承認に関する話し合いはなかったとしました。

同日正午には、県庁前県民広場で日本共産党を含む野党4会派と平和・市民団体主催による、百条委での真相究明を支援する集会が開かれました。

百条委は24日、稲嶺進名護市長と県環境影響評価審査会会長の宮城邦治会長(沖縄国際大学教授)を参考人招致し、意見聴取する予定です。

 

しんぶん赤旗 2014年2月22日付

沖縄県庁包囲行動実施へ

_IGP3825-s

沖縄県議会の日本共産党を含む野党4会派と平和・市民団体の代表は7日、県議会内で記者会見し、仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事の辞任を求める県庁包囲行動を実施すると発表しました。

包囲行動は2月定例会の開催予定日の14日に合わせ、同日正午に2000人規模を目指す予定。同県名護市辺野古の新基地建設に向けた安倍政権の埋め立て申請を承認した仲井真知事に対し、承認撤回と公約違反の責任をとって辞職を求める県民の意思を突き付けるとしています。

日本共産党の渡久地(とぐち)修県議は1月10日の辞任要求決議に触れ「県政史上初の決議であり、知事は重く受け止めるべきだ」と強調。「名護市長選で辺野古反対の審判が下され、民意は明確だ」と訴えました。

県選出の島尻安伊子参院議員(自民)が5日の予算委で、市長権限で基地建設を阻止すると述べている稲嶺進市長を「行政権限の乱用」だと敵視、警察を動員して反対運動の排除を求めたことへの批判が噴出しました。

県民ネットの奥平一夫県議は「県民の怒りの火に油を注ぐ行為。民意に対する挑戦だ」と糾弾、社民・護憲ネットの仲宗根悟県議は「包囲行動で県民の怒りを結集させたいと語気を強めました。

しんぶん赤旗 2014年2月15日付

仲井真知事の辞任要求

沖縄県議会野党4会派21人(日本共産党、社民、社大、県民ネット)は27日、新基地建設のための名護市辺野古埋め立てを承認した仲井真弘多県知事に対し、承認取り消しと知事職の辞任要求書を提出しました。

要求書は、19日投開票された名護市長選で新基地阻止を貫く稲嶺進市長が4155票の大差で新基地推進候補を破ったことについて「名護市民はきっぱりと辺野古埋め立てと新基地建設を拒否した」と指摘。建設推進候補を支援した仲井真知事の承認についてもノーの審判が下されたとして「知事の承認がいかに沖縄県民に対する背信行為、歴史的裏切りであるかは明らかであり、知事の職に居座り続けることは許されない」とのべています。

提出にあたって4会派が会見し、日本共産党県議団の渡久地修幹事長は、仲井真知事が、「あとは政府が進めていく問題」とのべたことに対し、「私たちは、名護市長の強い反対や公有水面埋立法に照らして、知事の承認は全く正当性を持っていないとみている。県民世論が承認取り消しをもとめていることを知事に迫り、正当性がないことを認めさせていく」と語りました。

しんぶん赤旗 1月28日付