月別アーカイブ: 2014年1月

仲井真知事の辞任要求

沖縄県議会野党4会派21人(日本共産党、社民、社大、県民ネット)は27日、新基地建設のための名護市辺野古埋め立てを承認した仲井真弘多県知事に対し、承認取り消しと知事職の辞任要求書を提出しました。

要求書は、19日投開票された名護市長選で新基地阻止を貫く稲嶺進市長が4155票の大差で新基地推進候補を破ったことについて「名護市民はきっぱりと辺野古埋め立てと新基地建設を拒否した」と指摘。建設推進候補を支援した仲井真知事の承認についてもノーの審判が下されたとして「知事の承認がいかに沖縄県民に対する背信行為、歴史的裏切りであるかは明らかであり、知事の職に居座り続けることは許されない」とのべています。

提出にあたって4会派が会見し、日本共産党県議団の渡久地修幹事長は、仲井真知事が、「あとは政府が進めていく問題」とのべたことに対し、「私たちは、名護市長の強い反対や公有水面埋立法に照らして、知事の承認は全く正当性を持っていないとみている。県民世論が承認取り消しをもとめていることを知事に迫り、正当性がないことを認めさせていく」と語りました。

しんぶん赤旗 1月28日付