月別アーカイブ: 2014年9月

沖縄県議会 知事が新基地正当化

共産党・嘉陽氏「撤去要求こそ」

沖縄県議会で26日、仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事は同県名護市辺野古の米軍新基地建設について、「安全で危険性のない代替施設だ」と居直り、昨年末の埋め立て承認を平然と正当化しました。日本共産党の嘉陽宗儀県議団長の代表質問に答えました。

仲井真知事は、政府に求めている米海兵隊普天間基地(同県宜野湾市)の「5年以内の運用停止」についても「普天間の危険性除去のために現実的で具体的な対策だ」などと述べ、新基地推進の立場を鮮明にしました。これに対し嘉陽氏は、沖縄に駐留する海兵隊部隊が、米国の世界戦略に基づき、イラクやクウェート、ソマリアなど他国に侵略・軍事介入する出撃拠点となってきた事実を指摘。「辺野古新基地は野蛮でどう猛な海兵隊の軍事拠点となるもので、沖縄を守る任務などない」と力説し、「米軍が5年以内に運用停止するはずがない。それを可能かのように答弁するのは県民だましでペテンだ」と厳しく批判しました。

その上で嘉陽氏は、「知事が政治生命をかけるべきことは、(新基地推進ではなく)新基地反対の県民の立場から軍事基地の撤去をしっかりと日米両政府に対しモノを言うことだ」と説きました。  (しんぶん赤旗 2014年9月27日)

西銘 純恵議員 一般質問項目

西銘純恵議員の一般質問日時は、10月1日(水)1番目で、午前10時から予定しています。

質問項目は、次の通りです。

1 辺野古新基地建設問題について
2 国民健康保険について
3 母子寡婦・父子貸付制度について
4 学童クラブについて
5 雇用問題について
6 災害対策について
7 教育行政について
8 那覇新都心、北谷町について
9 わが党の代表質問との関連について

西銘純恵 議員質問要旨

渡久地 修議員 一般質問 項目

渡久地 修 議員の一般質問日時は、9月30日(火)6番目で、午後4時30分頃から予定しています。

質問項目は、次の通りです。

1 知事の政治姿勢について
2 沖縄経済について
3 教育行政について
4 我が党の代表質問との関連について

渡久地修 議員質問要旨

玉城 ノブ子議員 一般質問項目

玉城 ノブ子議員の一般質問日時は、9月30日(火)4番目で、午後2時20分頃から予定しています。

質問項目は、次の通りです。

1 辺野古新基地建設について
2 オスプレイ夜間訓練について
3 ハリアー機、F15戦闘機事故について
4 カジノについて
5 消費税について
6 TPP(環太平洋連携協定)について
7 就学支援について
8 子どもの医療費助成制度について
9 我が党の代表質問との関連について

玉城ノブ子議員質問要旨

9月議会 質問日時のお知らせ

9月定例会が開会しました。 日本共産党県議団は、辺野古新基地建設を止めさせ、くらし、福祉、教育など県民の願い実現のために頑張ります。

質問日程が決まりましたので、多くのみなさんの傍聴を呼びかけます。

代表質問

9月26日(金)3番目 午後3時頃から  嘉陽 宗儀 議員

一般質問

9月30日(火)4番目 午後2時20分頃から 玉城ノブ子 議員

9月30日(火)6番目 午後4時30分頃から 渡久地 修 議員

10月1日(水)1番目 午前10時から     西銘 純恵 議員

質問時間は、議会の進行によって変わります。

辺野古でのボーリング調査等の強行に抗議し、新基地建設工事の即時中止を求める意見書可決

沖縄県議会では、辺野古でのボーリング調査等の強行に抗議し、新基地建設工事の即時中止を求める意見書を賛成多数で可決しました。

賛成した議員は26名で、日本共産党、社民護憲、県民ネット、社大党、公明県民の5会派です。

反対した議員は14名で、自民党と無所属の嶺井光議員です。

離席した議員は4名で、そうぞう会派と無所属の新垣安弘議員です。

各議員の賛否状況

意見書

_IGP4634-s