嘉陽 宗儀 議員 代表質問 通告

2017年 第1回沖縄県議会(定例会)  2月24 日(金)

嘉陽宗儀 議員 代表質問通告

1 知事の政治姿勢について

(1) アメリカのトランプ新大統領の評価について

(2) 特に、日米安保条約、日米軍事同盟の強化と沖縄米軍基地の関係について

(3) 辺野古新基地問題の取り組みについて、辺野古移設が「唯一の解決策」と日米首脳が確 認しているが、それに対する今後の闘いの展望と決意を伺う。

(4) 自民党の総理大臣がとった今回の態度に対して「これだけ米大統領におべっかを使う外 国の首脳は今まで見たことがない」とアメリカのマスコミは取り上げています。知事の所見 を伺う。

(5) 今回の「トランプ劇場」はアメリカ資本主義の行き詰まりと、「民主主義の理念の崩壊を痛 感」させられるものであった。知事の所見を伺う。

(6) 米軍人犯罪について戦後から今日までの実態はどうなっているのか。そのうち海兵隊犯 罪の占める割合はどうなっているか。

(7) オスプレイは、なぜ欠陥機と言われているのか。

(8) オスプレイの事故の発生はどうなっているのか。

2 教育問題について

(1) 「全国学力テスト」の成績が小学校の部は全国最下位を抜け出したと関係者は喜んでい るが、果たして実態は手放しで喜んでいいものか疑問がある。「本物の学力」が身につい たか。検証が必要だと考えるがどうか。 (2) 教師の多忙化は解消されたか。

(3) 「荒れる中学校」と言われるように少年非行は県民が心を痛める状況にある。その根底に は「貧困と格差」問題が深刻な影響を与えているが実態はどうなっているか。

(4) 少人数学級の編制、「学び合いの授業」などすぐれた教育実践も実績を上げてきている。 それを評価し、広げることは重要だと考えるが、知事の見解を伺う。

3 保育問題について

(1) 待機児童の解決策はどう取り組んでいるか。

(2) 保育士確保の取り組みは具体的に進んでいるか。

(3) 認可外保育所の実態について  ①保育所の数、②児童数、③保育士の数、④認可保育所の設置可能な条件を満たし ている園は何カ所あるか。

(4) 待機児童解消のための必要な保育所の数は幾つか。

4 泡瀬干潟問題について

(1) ラムサール条約への登録、自然環境保全の取り組みについて進捗状況を伺う。

(2) サンゴ・自然再生法に基づく取り組みはどうなっているか。

コメントを残す